e784a1e9a18c (1)
画像:伊豆新聞のニュースサイト「イズハピ」より

駿河湾フェリーを活用した観光活性化に取り組む環駿河湾観光交流活性化協議会が、A4判10ページフルカラーのフリーペーパー「駿河湾フェリーで行く伊豆―静岡」を発行しました。

伊豆新聞が運営する観光情報サイト「イズハピ」のスタッフが同誌の制作に全面的に協力。「とびっきりおでかけガイド」と題した見どころ紹介ページには「駿府匠宿」(静岡市)、「田子瀬浜海水浴場」(西伊豆町)、「土肥特産市ありがとう」(伊豆市)など28の観光施設やビーチ、直売所、観光名所を掲載。「フェリーでつながる世界遺産・国宝の旅」のページでは、スマホで動画を見ることのできる「AR」も活用し、三保松原、久能山東照宮、韮山反射炉、伊豆半島ジオパークを詳しく紹介しています。

また、「絶品駿河湾グルメ」と銘打った地元グルメの紹介には4ページを割き、40品を取り上げています。海鮮丼、サンマずし、とろろ汁、豚の網焼き、そば、さつま揚げ、プリンなどを写真入りで紹介。「しおがつおうどん」「わさびソフトクリーム」「さくら葉餅」など隠れた逸品も多く取り上げ、7~12月のイベントカレンダーや「グルメ&イベントマップ」も併せて掲載しています。

 さらに、フリーペーパーには地元を良く知る人たちも登場。静岡ウオーキング協会代表の大石善博さん、伊豆半島ジオガイド協会会員の仲田慶枝さん、であい村蔵ら代表理事の青森千枝美さん、伊豆市観光協会土肥支部事務局長の山田伸次さん、南伊豆町のエコサーファー堀直也さんが、それぞれの立場で地域の魅力をアピールしています。

5万部作り、東名高速道路の海老名、足柄、浜名湖サービスエリアや首都圏の書店などで配布しています。ご興味ある方は、是非、入手してみてはいかがでしょうか。
 
引用元はこちら
駿河湾フェリーで行く伊豆、観光情報の冊子発行 イズハピ協力

発行元はこちら
・環駿河湾観光交流活性化協議会
HP:http://www.dream-ferry.co.jp/gurutto-surugawan/

この記事を読んだ方は以下の記事もオススメです





SNSでも発信しています!

Twitter
フェイスブック

SNS限定情報もあるのでよかったらフォローしてください!