フリペ通信

フリペ通信 イメージ画像

更新情報

画像:男鹿市地域おこし協力隊FBページより秋田県男鹿市の地域おこし協力隊が、移住者の目で男鹿市の魅力を紹介するフリーペーパー『キタノウラオモテ通信』を創刊しました。 同誌を制作するのは地域おこし協力隊の瀧口麻美さんと昨春に秋田市から移住したカフェ従業員の池
『男鹿市の魅力を移住者の目で発信。地域おこし協力隊が「キタノウラオモテ通信」発行/秋田』の画像

(C) Kyoto City University of Arts.京都府・堀川御池ギャラリー内で展示スペースを運営している京都市立芸術大ギャラリー「@KCUA(アクア)」が、同ギャラリーとその周辺に広がる創造活動の現在形、クリエーションが立ち上がろうとしているシーンを紹介していく広報誌
『京都市立芸術大ギャラリー@KCUAがフリーペーパー「たねまきアクア」を不定期で発行/京都』の画像

(C) 2016 広島県広島県は、昨年に引き続いて今年も「カンパイ!広島県」をスローガンに観光プロモーションを展開。平成28年度の観光客誘致戦略の中核機能として広島県の知られざる旅の魅力「秘境」をテーマにした究極のガイドブック『カンパイ!広島県 広島秘境ツアーズ』の
『「カンパイ!広島県 広島秘境ツアーズ」配布開始!斎藤工をモデルに起用/広島』の画像

(C)2013 Bunshodo Co.Ltd.宮崎県三股町の漫画家・みやこのジョー(本名、今村幸一)さんが1999年9月に創刊。ほぼ毎月自費出版で無料配布している漫画冊子「ぼんちくん」が、17年目の節目である本年6月に200号を迎えました。 漫画の主人公・ぼんちくんは都城盆地に由来する名
『発行開始から17年。「ぼんちくん」が200号に到達!/宮崎』の画像

画像:真鶴出版HPより川口瞬さんと來住友美さんが真鶴に移住して立ち上げた真鶴出版が、神奈川県・真鶴町の移住促進パンフレット「小さな町で、仕事をつくる」を5月に制作しました。 「小さな町で、仕事をつくる」は、2人の移住ストーリーを軸に町の紹介や真鶴にいる人々を
『真鶴出版が移住促進パンフレット「小さな町で、仕事をつくる」を制作/神奈川』の画像

宮崎県都城(みやこのじょう)市の都城市立図書館で昨年9月に開催された南九州エリアで初めてとなるフリーペーパーイベント「タダモノの祭典 全国フリーペーパー展in都城」。フリーペーパー愛好家や図書館関係者の間で大きな反響を呼び、盛況のうちに幕を閉じたことから今年
『「全国フリーペーパー展」開催への道 #4 : フリーペーパーの“フリー”にはTAKE FREEという意味だけでなく自由な発想、自由な表現という想いが込められている。』の画像

画像:「Bee Magazine」プロジェクトページより株式会社技術と人間・ビィマガジン編集部が発行する「Bee MAGAZINE」はLGBTの新しい情報を生み出し、届けるフリーペーパーです。  同誌はライフ・カルチャー・バラエティにとんだ内容となっており、LGBT当事者だけでなく、LGBT
『【クラウドファンディング】LGBTと理解者への情報を届けるフリーペーパー「Bee MAGAZINE」を継続して発行したい!資金調達に挑戦【8/15まで】』の画像

© The Niigata Nippo新潟日報社が18日、新潟の知られざる魅力を発信するガイドブック「おむす便」を発行しました。  「おむす便」は「新潟を観光するなら、どこがおすすめ?」という質問に新潟県民が応えたガイドブック。新潟県のアイドルグループ「Negicco(ねぎっこ)」
『Negiccoがおむす便大使に!新潟と全国を結ぶガイドブック発行/新潟』の画像

↑このページのトップヘ