ハタオリのうたがきこえる
画像:山梨県富士工業技術センターより

ヤマナシ織物産地の人や暮らしを伝えるフリーペーパー『LOOM』の刊行を記念して、山梨県甲府市の文化のるつぼ へちまで発行記念イベント「ハタオリのうたがきこえる」が310日(木)に開催されます。

 富士北麓のハタオリの街では、昔から娘さんたちがハタオリ歌を口ずさみ、往来には織機の音が響く「音の風景」が生活とともにありました。時代とともに織機のリズムはスピードを増し、ハタオリの街は大きく変わりましたが、いまでも路地を歩けばハタオリの音が聞こえてきます。

今回のイベントは、産地のハタヤさんと出会い、生地、商品に触れながらハタオリをテーマにした極上の音楽とともにその魅力を知ってもらうという内容になっており、LOOM編集部やハタヤさんのトークショーだけでなく、ヤマナシ産地の生地・商品を使用した展示やハタオリの音や工場の風景をイメージした即興演奏などが行われます。

とても素敵なイベントになりそうですね!ご興味あれば、是非、参加してみてはいかがでしょうか。申し込み方法やイベント詳細に関しては参照元をご確認ください。

 

-------------------------------------------イベント詳細 ------------------------------------------------

:平成28年3月10日(木) 19:0021:00

:文化のるつぼ へちま(甲府市中央2-13-20 tel. 055-236-5651

LOOM編集部(シケンジョテキ×BEEK

※シケンジョテキ=山梨県富士工業技術センター、BEEKBEEK DESIGN

LOOM発刊トーク(LOOM編集部、ハタヤさんのトークショー)

・ヤマナシ産地の生地や商品の展示

・ハタオリをテーマにした音楽会

衣装にヤマナシ産地の生地・商品を使用。ハタオリの音や工場の風景をイメージした即興演奏などを行います。

:先着40名 完全予約制・参加費無料(ドリンク・軽食は会場にて実費負担)

:要申込

・田辺 / Gen Tanabe (ギター)

好きな音は遠くで聴こえる生活音。WATER WATER CAMELのひとり。国立音楽大学音楽デザイン学科で音との色々な向き合い方を知る。2006年、自主レーベル"Gondwana label"を立ち上げる。全国各地を飛び回りながら、カフェやギャラリー、お寺や廃校、植物園やプラネタリウムなど、多様なスペースで音を響かせている。またギタリストやレコーディングエンジニアとしての活動や、CMWEB、展示空間のサウンドデザイン等、音を媒体にさまざまな人や場とのコラボレーションを展開している。(公式ブログより

・森 ゆに / Mori, Yuni (ボーカル、ピアノ)

山梨県在住。神奈川県出身。シンガーソングライター、ピアニスト。クラシックや賛美歌をルーツにした弾き語りによるアルバム「夏は来る」「夜をくぐる」に続き、新作「祝いのうた」を20156月に発表。(公式サイトより

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


発行元情報はこちら

・山梨県富士工業技術センター(通称:シケンジョ)
HPhttp://www.pref.yamanashi.jp/kougyo-fj/
BLOGhttp://shikenjyo.blogspot.jp/


(参照元:LOOM発行記念イベント「ハタオリのうたがきこえる」 開催します!

スポンサードリンク


この記事を読んだ方は以下の記事もオススメです





SNSでも情報を発信しています!

Twitter
フェイスブック

SNS限定のこぼれ話なども更新しています。よかったらフォローをお願いします。

フリーペーパー情報をお待ちしています。

出来るだけ多くのフリーペーパー情報を発信していきたいのですが個人の力では情報収集に限界があります。そこで、創刊しました、イベント開催します、プレスリリースあります、などフリーペーパー情報があれば下記アドレスまで気軽に御連絡いただければと考えております。たくさんの情報をお待ちしています。よろしくお願いします。

E-mail:furipetsushin☆gmail.com
*迷惑メール対策です。送信時に☆をアットマークに変えてください。