無題
画像:国土交通省青森港湾事務所HPより

青函圏で「みなとオアシス」に認定されている青森、函館など7港の関係者が、国土交通省青森港湾事務所の後押しを受け、街の見どころや食の魅力を発信する観光ガイドブック「青函圏みなとオアシスの周遊観光ガイドブック」を作成しました。

国土交通省によると、「みなとオアシス」とは、地域住民の交流や観光の振興を通じた地域の活性化に資する「みなと」を核としたまちづくりを促進するため、住民参加による地域振興の取り組みが継続的に行われる施設として、港湾管理者等からの申請に基づき、国土交通省地方整備局長等により認定・登録されたものをいいます。青函圏では青森、八戸、大湊、大間各港と十和田湖休屋、函館、江差の7港があり、全国では計88カ所が認定されているそうです。

ガイドブックでは、大間町のマグロ関連グッズや青森市の青函連絡船メモリアルシップ「八甲田丸」、函館市の赤レンガ倉庫群などとともに、海にちなんだ「Sea級グルメ」としてイカ飯や大湊海軍コロッケなどを紹介しています。また、北海道新幹線開業を見据え、海路を組み込んだ周遊モデルプランなどが盛り込まれています。 

同誌の発行部数は約4万部。各港にある観光施設で配布されています。ご興味あれば、是非、手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

<参照元>

青函7港・魅力発信へガイドブック作成

青函圏みなとオアシスの連携キックオフ~周遊観光ガイドブックで魅力PR!


スポンサードリンク


この記事を読んだ方は以下の記事もオススメです





SNSでも情報を発信しています!

Twitter
フェイスブック

SNS限定のこぼれ話なども更新しています。よかったらフォローをお願いします。

フリーペーパー情報をお待ちしています。

出来るだけ多くのフリーペーパー情報を発信していきたいのですが個人の力では情報収集に限界があります。そこで、創刊しました、イベント開催します、プレスリリースあります、などフリーペーパー情報があれば下記アドレスまで気軽に御連絡いただければと考えております。たくさんの情報をお待ちしています。よろしくお願いします。

E-mail:furipetsushin☆gmail.com
*迷惑メール対策です。送信時に☆をアットマークに変えてください。