1
画像:魚津埋没林博物館HPより

 富山県魚津市の魚津埋没林博物館が、2014年に日本ジオパークに認定された立山黒部ジオパークの市内の見どころ「ジオポイント」や、それらを巡るモデルコースを紹介する「魚津のジオめぐりマップ」を作成しました。
 同マップはエリアやテーマ別に編集された「片貝川上流編」「扇状地編」「歴史とジオ編」の3種類が用意され、ジオポイントとその他景勝スポットなどマップごとに12カ所の写真と解説が掲載されています。モデルコースはマップごとに2コースを設定。いずれも同博物館からスタートし、徒歩や自転車、車での所要時間が記載されています。
 同誌はA3判のポケットサイズとなっており、同館で配布されています。魚津の地形と歴史の関わりなど多様な視点からジオパークの魅力を発信しているマップを片手に市内を散策してみるのも良いですね。ご興味あれば、是非、手にしてみてはいかがでしょうか。


発行元情報
・魚津埋没林博物館

HPhttp://www.city.uozu.toyama.jp/nekkolnd/

 
<参照元>

ジオパークの魅力満載 魚津埋没林博物館がマップ作成
『魚津のジオめぐりマップ』ができました


スポンサードリンク


この記事を読んだ方は以下の記事もオススメです





SNSでも情報を発信しています!

Twitter
フェイスブック

SNS限定での情報もあります。よろしければフォローをお願いします。

フリーペーパー情報をお待ちしています。

創刊しました、イベント開催します、プレスリリースあります、などなど。たくさんのフリーペーパー情報をお待ちしています。よろしくお願いします。

E-mail:furipetsushin☆gmail.com
*迷惑メール対策です。送信時に☆をアットマークに変えてください。