2
画像:京都新聞より

京都市伏見区の寺社などでつくる洛南保勝会が、歴史的な名所やモデルコースを紹介する「京都・洛南探訪マップ」を作成しました。

 同誌は2年後の「鳥羽伏見の戦い」「明治維新」150年を前に企画されたもので、地図上に観光名所を示すほか、鴨川運河や酒所の歴史、明治天皇との関わりについて説明が添えられています。「醍醐・日野の御仏を訪ねて」「鳥羽伏見の戦い史跡めぐり」など六つのモデルコースも紹介され、伏見の魅力を再発見することができる1冊になっています。

 同誌の発行部数は5万部。城南宮や御香宮神社など同会に加盟する寺社で無料配布されています。マップを片手に伏見を巡ってみてはいかがでしょうか。

 

発行元情報はこちら

・洛南保勝会

HPhttps://kanko.city.kyoto.lg.jp/

<参照元>
京都・伏見の魅力を再発見 洛南探訪マップ作成


スポンサードリンク


この記事を読んだ方は以下の記事もオススメです





SNSでも情報を発信しています!

Twitter
フェイスブック

SNS限定での情報もあります。よろしければフォローをお願いします。

フリーペーパー情報をお待ちしています。

当サイトではフリーペーパー情報を募集しています。創刊しました、イベント開催します、プレスリリースありますなど、情報があれば下記アドレスまで気軽に御連絡をお願いします。よろしくお願いします。


E-mail:furipetsushin☆gmail.com
*迷惑メール対策です。送信時に☆をアットマークに変えてください。