フリペ通信

フリペ通信 イメージ画像

ニュース / フリペ通信編集部

10
(C) Hirosaki Tourism And Convention Bureau.

青森県・弘前観光コンベンション協会は、弘前市に現存する近代建築の巨匠・前川國男氏の作品8棟を観光拠点として打ち出そうと、パンフレット「前川國男建築を訪ねる」を制作しました。

 同誌はA4サイズ、フルカラーの8ページ。フランスの建築家ル・コルビュジエ氏のもとで学んだ前川氏が帰国して最初に手がけた木村産業研究所をはじめ、弘前中央高校講堂、市庁舎本館、市民会館、市立病院、市立博物館、緑の相談所、市斎場の8棟について写真や住所、見どころ、見学の可・不可などを紹介。周辺案内図や、前川氏の直弟子の建築家・仲邑孔一氏の寄稿も掲載するなど盛り沢山の内容になっています。

 同誌の発行部数は1万部。市立観光館や観光案内所、まちなか情報センターのほか、市内の観光・宿泊施設などで配布しています。パンフレットを片手に街歩きをしてみてはいかがでしょうか。

---
発行元情報

・弘前観光コンベンション協会

HP: http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/index.html

<参照元>

前川國男建築パンフ作製

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もオススメです

SNSでも情報を発信しています!


SNS限定のこぼれ話なども更新しています。よかったらフォローをお願いします。

タレコミ募集中!

当サイトではフリーペーパー情報を募集しています。創刊しました、イベント開催します、プレスリリースありますなど、情報があれば下記アドレスまで気軽に御連絡をお願いします。よろしくお願いします。


E-mail:furipetsushin☆gmail.com
*迷惑メール対策です。送信時に☆をアットマークに変えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

↑このページのトップヘ