フリペ通信

フリペ通信 イメージ画像

ニュース / フリペ通信編集部

無題

 日本タウン誌・フリーペーパー大賞2016の大賞および各部門の受賞媒体が発表されました!有料誌も含まれていますが、栄えある名誉に輝いた冊子を紹介していきます。

<関連記事>

スポンサードリンク

日本タウン誌・フリーペーパー大賞2016

1
≪受賞媒体≫

季刊誌らく(樂)<長崎県/有料>

≪媒体紹介≫

長崎の歴史の奥深さや自然の美しさ、そして文化の多様性にふれるたび、ネット社会においても、紙媒体でこそ表現する価値があるのではないかと思っていた。しかし長崎には大人向けのエンターテイメント雑誌がなく、たまたま他県にあった季刊誌を見たことがきっかけで制作してみようになり発行人の思いだけで周りをまきこんで創刊したのが20087月。樂のコンセプトは「知る、遊ぶ」。大人が知って楽しめる切り口とデザインで、いつまでも手元に保存してもらえるよう普遍的な情報に特化している。制作に携わっているクリエイティブスタッフ20名あまりは創刊号からほとんど変わらず、独立したクリエイターが集まりチームとなって樂を作り上げている。昨年は樂の世界観に共感した企業(ホテル)が樂と樂の特集に関連する長崎の本を陳列した本棚のあるロビー「樂ラウンジ」を開設し、県内外で話題となっている。


2
≪受賞媒体≫

kawagoe premium <埼玉県/無料>

≪媒体紹介≫

創業93年の印刷会社が地元・川越で2015年に創刊したフリーマガジン。近年観光地として賑わう川越において、本誌は主に「住まう人」により川越の魅力を知ってもらいたい、と考えている。現代の「記憶・記録」として地元の人々の家の本棚においてもらえれば、とページ数(約60ページ~)や用紙、製本にもこだわった。自社のPR目的も兼ねているため広告費用は一切とっておらず、印刷のほか企画、デザイン、インタビューなどほとんどが自社スタッフで作成している。年4回発行、地元川越を中心に約70ヶ所で配布中。

観光庁長官賞 最優秀賞

3

≪受賞媒体≫

旨い!広島・宮島 <広島県/無料>

≪媒体紹介≫

全国から広島に来られる観光者のために、グルメと観光情報をお届けするフリーペーパーです。広島ご当地グルメ情報には力を入れています。広島の旨いをぜひ!

グルメコンテンツ部門賞 最優秀賞

4

≪受賞媒体≫

仙台朝市通信 <宮城県/無料>

≪媒体紹介≫

「仙台朝市通信」は、仙台の台所、仙台朝市の魅力を伝える季刊のフリーペーパーです。 グルメ大名「伊達政宗」が築いてきた食の歴史や豊かな食材、そして登場人物の笑顔が大きな魅力です。 今年で創刊2年目となりましたが、毎号、旬の食材をテーマに「売る人」、「買う人」が登場し、読者の方々に「食べてみたい」、「行ってみたい」という気持ちになってもらえるような媒体を目指しています。 全ページに仙台七夕の竹ざおを原料とした再生紙「竹紙」を使い、水彩画と写真による表現を組み合わせて食材や朝市の雰囲気を伝えています。 仙台のことをもっと知り、もっと好きになって、みんなで仙台を自慢する地域情報誌です。 誌面のQRコードから電子ブックへ誘導、臨場感のある動画サイトにも連携しています。 電子ブックの多言語化でインバウンドへも対応しています。 仙台の空港、駅の観光案内所、観光施設、宿泊施設などで配布しています。

ライフスタイルコンテンツ部門賞 最優秀賞

5

≪受賞媒体≫

いいね!農style <北海道/無料>

≪媒体紹介≫

北海道の農と食に関心を持ってもらうきっかけをつくり、農の力で北海道をもっと元気することを目指しているフリーマガジンです。『農』をつくるだけに限定せず、運ぶ、加工する、販売する、料理する、食べる、考える...と視野を広げたとき、そこには様々な『農との接し方』、たくさんの『農style』があります。そんな人それぞれの『農style』を発信しています。実際に取材をしてみると、農家にとって農業とは暮らしそのものであり、その人の生き様が、そのまま農業にも表れていました。たくさんの生命に囲まれ、「生きる」ということを日々感じているからか、間味あふれる魅力的な人が多く。それは農家だけでなく、農のまわりに居る人も同じで、そんな人々の言葉の重みや深みを、できるだけそのまま伝えたいと思っています。年に一度だけ、広告はゼロ。農と真剣に向き合いつくりだす、『いいね!農styleを、ぜひご覧ください。

コミュニティ部門賞 最優秀賞

6

≪受賞媒体≫

茨女(いばじょ) <茨城県/無料>

≪媒体紹介≫

茨城県出身の県内外で活躍する女性を応援するフリーマガジンです。20153月に創刊してから、年に2回3月と9月に発行しています。茨城県出身の女性22名の有志メンバーによって「茨女」の取材・編集等を全部自分たちで行っています。魅力度ランキング最下位の茨城県の魅力を「人の魅力」を通して全国に広く発信していきたい、自分と同じ茨城県を故郷生まれ育った女性たちの活躍を知りたい!そんな思いから、茨城県をふるさとに持つ女性に「いまココにいる自分と10年後の自分について、仕事・結婚・出産・子育てetc...」についての話を取材し、記事にして発信することで多くのロールモデルを紹介し、読者や出演者の活躍を応援しています。2013年から活動自体は始まり、フリーマガジン「茨女」を通して、茨女の出演者たちの横のつながりやコミュニティも広がって、今ではイベントなども開催するようになってきました。学生・社会人も含めた20代〜30代の女性が中心となって、ふるさとを盛り上げています。

ビジネスモデル部門賞 最優秀賞

7

≪受賞媒体≫

ココロエ愛媛 <愛媛県/無料>

≪媒体紹介≫

やりたい仕事よりもやりがいがもっと大事(やりたい仕事<やりがい)をコンセプトに、愛媛県内の中学高校生へ年間3回、毎号45,000部配布しております無料の職育誌です。冊子内では愛媛県内の企業でやりがいを持って働いている方々を毎号10名程度紹介し、子どもたちへキャリア教育の情報提供をしております。その他にも巻頭特集では愛媛に関わる著名人やイベントを紹介、又、各学校でのキャリア教育の取り組みや、名物先生の紹介なども掲載しております。ビジネスモデルとしては企業様からの協賛会員費と記事掲載費の2本立ての収入モデルとなっております。2011年の発刊より丸5年、中学高校生と地元企業をつなぐプラットフォームとなり、地元CATVとの番組配信の連携や、各学校でココロエ愛媛を使った授業を開催するなど、多様な展開に広がってきております。

読者投票部門賞 第1位

8

≪受賞媒体≫

Life <愛知県/無料>

≪媒体紹介≫

「人生を耕す」をコンセプトに「食」「農」「暮らし」「環境」「文化」について考え、学んでいく愛知県豊田市を中心に発行しているフリーペーパーです。地元の季節を感じる農産物の特集や、市内を流れる矢作川をテーマにした特集、地域に根ざした活動をしている方を取り上げ、地域で暮らす方達が顔の見える関係性が築けるような取り組みをしております。クライアントとコラボした記事、企画を組む事で、広告という形を減らし、読み物として楽しんで頂ける構成になっているのも特徴です。すべての材料をゼロから調達し猪鍋を作る「本気部」、地域の和菓子洋菓子屋と、応募アイデアを実際のお菓子にする「とよたの和菓子洋菓子アイデアコンテスト」、地元のソウルフード五平餅を食べる時に口につく味噌を「みそひげ」と名付けたみそひげ写真コンテストなど独自企画を誌面を通じ展開しています。年4回発行48ページフルカラー15,000部発行

企業誌部門賞 最優秀賞

9

≪受賞媒体≫

Cho-co-tto <北海道/無料>

≪媒体紹介≫

「北海道の食卓をもっとおいしくする」。「Cho-co-tto(ちょこっと)」は、「北海道のもっとおいしい食卓を提案」をコンセプトに生まれたコープさっぽろの広報誌です。旬の食材をテーマに生産者のストーリーや生産地を紹介し、お皿の向こうにある「人」と「場所」をもっと身近に感じられるように伝えます。また、Cho-co-tto(ちょこっと)の誌面を通じて、食卓の提案、子育て、食育、健康などの情報から読者の心をより豊かにできるような冊子づくりを目指します。コープさっぽろ広報誌「ちょこっと」毎月1日発行。コープさっぽろ店頭または宅配システムトドックにて無料配布中。57万部発行。

新創刊部門賞 最優秀賞

10

≪受賞媒体≫

KEMONOTE <福岡県/無料>

≪媒体紹介≫

福岡県南部にある大牟田市動物園は開園より75年も市民に愛され続けている動物園で、2008年より大牟田市の直営から指定管理業者による運営となりました。リスザルへの餌やりや、モルモットの抱っこ、ボールニシキヘビの首巻きなど動物とのふれ合いイベントが日々催され、若いスタッフを中心に園内はいつもいきいきとしています。また、園内にはスタッフお手製のかわいい案内板が数多く設置され、来園する大人や子供たちを和ませてくれます。KEMONOTEは「動物と人の関係」をテーマに動物だけでなく飼育スタッフにも焦点を当て、大牟田市動物園の魅力を伝えるフリーペーパーです。編集の木下と撮影担当の中村が取材を重ね、年3回の発行を目標に自費制作を続けています。毎号5000部を発行し、飼育スタッフやケモノート編集部とその友人達で手折り作業を行い、大牟田市動物園や福岡市内の本屋、雑貨屋、カフェ等に直接足を運んで配布しています。

海外媒体部門賞 最優秀賞

11

≪受賞媒体≫

DACO <海外/無料>

≪媒体紹介≫

「情報誌発行とはサービス業である」というポリシーのもと、制作・発行しているタイ・バンコクの無料情報誌です。生活に必要な情報に加えて、バンコクを中心にタイという「異国」をより掘り下げた情報を提供することで、タイ在住日本人の充実した毎日を応援しています。なんと言っても熱狂的ファンが付く特集がキラーコンテンツ! 月2回の10ページ前後の特集を18年積み重ねてきたダコ。すべての特集が永久保存版。例えば、タイで活躍する日本人サッカー選手を追った「タイ・プレミアリーグのサムライたち」、バンコクでの生活情報を扱った「タイの野菜カタログ100」、タイの葬儀に関する文化を紹介した「タイに死す」、タイ国内の旅を舞台にした「山岳民族の村めぐり」などバンコク生活に必要な情報とタイのディープな情報のオンパレードです。

タブロイド部門賞 最優秀賞

12

≪受賞媒体≫

MiSMO <神奈川県/無料>

≪媒体紹介≫

『ミスモ』とはスペイン語で“自分”“自身”の意味。20017月創刊で、今年で15周年を迎える、新百合ヶ丘とたまプラーザ周辺エリアを対象としたライフスタイルコーディネート誌。30歳~50歳の女性をターゲットに、グルメ・ショップ・ビューティーなど地域に根差した情報のみならず、観光地へのアクセスルート比較といった独自の企画や、エリア外の旅行・アミューズメント情報など幅広い内容を掲載。特に人気は、プロカメラマンによるシズル感たっぷりの料理写真で魅了する「グルメ特集」や、教育熱心な読者が注目する「私立学校特集」、知的好奇心旺盛な読者に向けた「おでかけ特集」をはじめ、「世界のビールを楽しもう」「東海道五十三次を往く」「宇宙を学ぶ」など、地域の枠を飛び越えた斬新な特集も大変好評です。 ・毎月第4または第5土曜日(月1回新聞折込) ・タブロイド判 16ページ オールカラー

タウン誌部門賞 最優秀賞


該当なし

まるごとにっぽん賞
13

≪受賞媒体≫

JP01 <北海道/無料>

≪媒体紹介≫

人口減少数が日本一の北海道ですが、観光魅力度も日本一で旅行客は年々拡大しています。北海道を元気にするには、交流人口の拡大がカギ。でも紹介される場所は大抵、見慣れた有名観光地・温泉宿・グルメ、の情報が定番です。最近はそうではなく、「地域の日常こそ、自分にとっての非日常」ということで、レンタカー、バイク、キャンピングカー、交通機関などを使って、町境いの標識を見てぶらり道草したり、長期滞在・連泊で地域の人々と交流できたりする、個人客が増えています。彼らが楽しめる現地情報を発信したいと考えました。北海道は「179もの市町村」があり、道民ですら知らない場所が多いので、魅力はたくさん埋蔵されています。また、地域資源で町おこしする人々が増え、旅行コンテンツが各地で開発される中、わが町を紹介する地域情報誌は地域のモチベーションを高めていくことになります。このように北海道で人を動かし互いに結びつくことを目指して、北海道応援マガジン「JP01」を創刊しました。弊誌で、知らなかった北海道の魅力に出合ってください。

特別賞
14

≪受賞媒体≫

ナッセ熊本

≪媒体紹介≫

ナッセは九州3政令指令都市の「福岡」「北九州」「熊本」をフィールドに社会人のワクドキを応援するライフコーディネートマガジン。地域に愛され23年、オフィス登録12,500社突破の熊本版は、グルメ、ビューティー、旅・レジャー、ライフなど様々なジャンルの情報をお届けする企業登録制の無料月刊情報誌です。媒体の発行以外にもWEBサイト『ナッセ★ナビ』の運営や読者参加型イベント、社会人の『部活動』もスタート、イメージキャラクター『ワクドキリン』も絶賛稼働中です!〜平成284月に熊本を襲った大地震。いつも通り通常号発行直前のことでした。23年続けてきた発行を途絶えさせてはならない。少しだけ発行は遅れたものの、編集内容を急遽変更した5月号特別号は、編集部にも読者の皆さまにとっても記憶に残るものになったと思います。スローガンは『復活へ。ナッセは被災者・復興支援者を応援します。』笑顔と元気を伝えるために、これからも熊本に根ざした媒体であり続けたいと願っています。
---

日本タウン誌・フリーペーパー大賞は年の瀬の風物詩のようになっていますが、「やはり今回もこの冊子が受賞したか」というものからフレッシュな新顔まで様々な冊子が出揃いましたね。各部門の受賞は素晴らしいことですが、今年の414日に発生した熊本地震で自らも被災したにも関わらず、「復活へ」というタイトルの特別号を発行し被災者に向けて心強いメッセージを発信した『ナッセ熊本』が特別賞を受賞したことは特に心が打たれました。

昨年も書きましたが、受賞したからすごいというわけではなく、各媒体にはそれぞれの想いや魅力が込められています。アワードを通して、ローカルメディアにも様々なものがあるということを知る機会になると思いますし、たくさんのエントリー媒体の中から自分にとって大切な冊子を見つけるきっかけになればいいと思っています。

各媒体が発信する情報をどのように受け取るのかは情報の受け手次第ですが、ローカルメディアを通して地域の新しい魅力を発見したり、情報の選択肢を増やしたり、地域や家族の間で会話が生まれる機会になればいいと考えています。次回も開催するかどうかはわかりませんが、また開催されることを期待しています。

最後に各媒体の画像および媒体紹介文は日本タウン誌・フリーペーパー大賞ホームページより引用しました。各媒体の詳細に関しては参照元をご確認ください。


■主催者情報

・日本地域情報振興協会(NiCoA)

HP: https://nicoanet.jp/

Twitterhttps://twitter.com/town_furipe_tai

FBhttps://www.facebook.com/town.furipe.tai?fref=ts

<参照元>

日本タウン誌・フリーペーパー大賞

この記事を読んだ方は以下の記事もオススメです

SNSでも情報を発信しています!

SNS限定のこぼれ話なども更新しています。よかったらフォローをお願いします。

タレコミ募集中!

当サイトではフリーペーパー情報を募集しています。創刊しました、イベント開催します、プレスリリースありますなど、情報があれば下記アドレスまで気軽に御連絡をお願いします。よろしくお願いします。


E-mail:furipetsushin☆gmail.com
*迷惑メール対策です。送信時に☆をアットマークに変えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

↑このページのトップヘ