フリペ通信

フリペ通信 イメージ画像

京都府

画像: 伏見いきいき市民活動センターイベントページより「ブックマーク伏見」は、京都府伏見区周辺で本に触れることができる場所が欲しいという声をキッカケとして、伏見いきいき市民活動センター(通称:伏見いきセン)の2階に誕生した本のある空間です。 「本をキッカケ
『ブックマーク伏見公開ミーティングvol.8「只本屋伏見店をデザインする」開催』の画像

画像:京都市公式ウェブサイトより京都市内の商店街では、商店の情報発信だけでなく、学生等と協力して地域の情報や魅力的なスポットを紹介する個性あふれる情報誌やガイドマップを作成しています。  また、クリエイターが地域の思いを綴って作成した「わたしのマチオモイ帖
『商店街やクリエイターがまちの魅力を紹介!「私のまち・私の商店街展」開催/京都』の画像

画像:京都新聞より 京都市上京区に所在する平安女学院大の学生たちが、市営地下鉄各駅の魅力を紹介するフリーペーパー「きゅんきゅんKYOTO」を発行しました。 同誌の制作は同大学と同市交通局の連携協定に基づくプロジェクトの一環として行われ、国際観光学部2年の
『平安女学院大学の学生が「きゅんきゅんKYOTO」を発行』の画像

 京都のフリーペーパー専門店・只本屋。「紙好き、本好きが集まる場所を作りたい」という思いのもと、新店舗をオープンさせるためのクラウドファンディングに挑戦しています。本記事ではクラウドファンディング内に掲載されている、只本屋店長である山田毅さんの言葉を引用
『【クラウドファンディング】只本屋クラウドファンディングに挑戦!【8/31まで】』の画像

↑このページのトップヘ